スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月22日 東伊豆ライトソルト

11月22日
釣行時間23:00~4:30
潮:小潮 満潮23:11 干潮05:34(伊東)
水温20℃

今回の釣行は職場の先輩と伊豆ランガンツアー。
前々から企画はしていたが1日半で一周する超強行軍になった。



個人的に東伊豆に興味があったので、初日は東伊豆へ。
とりあえずメジャーなI港に到着、常夜灯の周りをチェック。
ちらほらとウミタナゴ?が見える程度、ライズ等はないのでまずはロープ周りを攻めるも
何故かイイダコがヒットするのみ。
時折ネンブツダイが触る程度で、あまり状況は良くないのか。



しかし下げ始め、潮が利き始めたと同時に細かいライズがあちらこちらで起きる。
どうも小さいベイト(トウゴロウ?)が追われているようだ。
先輩がワーム表層スローただ引きでヒット! 
正体はこいつ。40近い良型。

20161122伊東カマス

しかし後が続かない。ライズも直ぐに沈黙してしまった。
回遊してくるのも待つも第二陣は来なかったので
車で2分ほどの常夜灯付き堤防でアジに切り替え。
しかしここでもウミタナゴは大量に見えるも、アジなどの反応はない。
カマスがチェイスしてくる事が一回あったのみ。群れも小さいようだ。




ここでさらに場所を移動、目的地K港に到着。
波っけもなく非常に穏やかだが、風が若干強い。
湾内から丁寧に探っていくも大した反応はない。
ネンブツラッシュが続くのみでベイトも特には見えず。
たまにいいアタリを見せるのはちびカサゴ。伊豆まで来てこれは辛いと、
若干の焦燥感に包まれる。。

が、潮止まり寸前に、ビフテキリグで岸壁を攻めていた先輩に良いアタリ!
鋭い引きを見せながら上がってきたのは良型のメバル!ガルプのクロー系ワーム+ビフテキで
ボトムシェイクでヒットしたとのこと。

20161122川奈メバル編集済

この一尾の後、日も上がってきて疲労もそこそこなので仮眠を取るためにとりあえず納竿。
午後の西伊豆釣行に備えた。



使用タックル
ロッド:  月下美人ST 79-ULS
リール: ソアレCI4+ 2000PGSS
ライン: VARIVAS アジングマスター 2.5lb




########################################
今回の反省点。(個人メモ)

事前に気温が急激に下がる+向かい風気味という条件だったので反応がそこまで良いわけではなかった。
おそらく浅瀬は魚の活性が落ち、ボトムに張り付きぎみだったのではないか。
カマスも群れは小さかったので見切りを付けるならもう少し早くても良かった。
そして大きめのアクションや早巻きに反応がまったくなかったので、
もう少し中層からボトムをじっくり攻めても良かったはず。
リグを軽くナチュラルにしてスローに誘うことを意識し過ぎて、
魚のいるボトムへのアプローチが単調になりがちだった。
ベイトもあまり見えず、魚が張り付いているときはクロー系ワームでの
ライトなダウンショット、直リグ、ビフテキなんかで
岸壁やストラクチャーを攻めるのも手か。
もしくはキャロ系で沖の水温が安定している場所を探しても良かった。

#######################################


そんなこんなで次の西伊豆編に続きます。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:螺貝

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カウンター

オンライン

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。